HOME » スマホマーケティングの救世主!プッシュ通知サービスとは » 効果を高めるコツ

効果を高めるコツ

プッシュ通知はただ導入すれば良いというものではありません。プッシュ通知の導入・運用によって効果をだすことこそが最大目的です。

ではどうすればより有効な効果を出せるのか。ここではプッシュ通知の効果を高める文言について紹介します。

効果をアップさせるプッシュ通知の文言とは

まず大切なのは、ユーザーが何を欲しているのかを考えること。

そして、そのユーザーにどういった情報を提供すれば想定するアクションをしてくれるのかを、徹底的にマッチングすることです。

最適なプッシュ通知を送るためには、ある程度ユーザーの行動を把握できる情報が必要です。まずは何よりユーザーのことを考え、PDCAサイクルを回していきましょう。

事前の想定と実際の行動を照らしあわせていけば、少しずつ勘所がわかってくるはずです。

とにかく、ユーザーに「このメッセージはまさに自分宛てに書かれたものだ!」と感じさせれば勝ちです。

そういった感覚をもってもらうためのポイントとして、文言を考える際は以下のことを念頭に置くと良いでしょう。

  • 「○割引」「緊急~」等、何らかの得・あるいは損失を回避するための情報は目を引きやすい
  • 「この寒い/熱い日に~」「眠れない~」等、ユーザーが置かれている状況にマッチした文言は目を引きやすい
  • 「本日○○で△△~」等、ユーザーと距離感の近い情報は目を引きやすい

また、効果を高めるつもりが逆効果になるといったこともあるので注意が必要。とくに配信のタイミングや頻度を間違えると、ユーザーは離れていってしまいます。

たとえば頻繁にプッシュ通知が送られてきたり、毎回同じような内容の文言が送られてくると、ユーザーは嫌気がさしてしまい、アプリをアンインストールすることがあるそう。

ですから配信する回数は計画性を持って闇雲にプッシュ通知しないこと。さらに毎回送る文言に変化をもたせるなどの工夫が不可欠です。

とにかく、ユーザーのことを第一に考えた文言・タイミングでプッシュ通知を送るようにしましょう。

※免責事項※
このサイトは、個人が運営するサイトです。また、調べた情報は、2016年4月にまとめたものです。
一部古い情報や、誤っている部分があるかもしれません。ご了承ください。
また、紹介しているサービスの最新情報は、それぞれの公式サイトでご確認ください。
PAGE TOP