HOME » アプリマーケティング基本のキ » アプリの最適化について

アプリの最適化について

アプリマーケティングにとってアプリの最適化は、計り知れない価値をもたらしてくれます。

アプリの最適化によって成果を最大化させるステップ

アプリにおいてユーザーに期待される行動パターンは、「誘導→ダウンロード→利用→購買」という一連の流れを最適化させることになります。

この一連のサイクルにおいて、目的やゴールを設定することは大切ですが、この流れの中で生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法のひとつとして採り入れられているPDCAサイクルに当てはめてみてください。

PDCAサイクルはPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善させる方法です。

ともするとアプリの最適化をする場合、直感や間隔で判断して進めてしまう経験はないでしょうか。

これでは問題がどこにあり、どのように改善され成果へと結びついていったのかというノウハウが、いつまでたっても蓄積されません。勘や経験、感性だけに頼って判断することは、もはやマーケティングとは言えません。

これが、PDCAを有効的に機能させていくためにも、各ステップそれぞれにおいてデータに基づく検証が求められる所以です。

戦略的な試行と検証に科学的な方法論を用い、そのためにデータを活用してこそ、アプリマーケティングがシステマチックに機能するものです。

またアプリの最適化は機動力が求められます。アプリはいったん開発され、公開、提供されたなら、容易に改訂したり、新しいアイデアをアプリに組込んだりすることが難しいでしょう。

新しい内容のアイデアや技術を試すにも、アップデート版を開発して、その都度アプリの利用者にダウンロードしてもらうという手間が生じてしまうからです。

これでは前項でお話しした継続率にも影響を与えかねません。

ですからアプリをマーケティング活動のPDCAサイクルに組み込む場合は、事前に最適化のためのプランもしっかりと策定しておいてください。

※免責事項※
このサイトは、個人が運営するサイトです。また、調べた情報は、2016年4月にまとめたものです。
一部古い情報や、誤っている部分があるかもしれません。ご了承ください。
また、紹介しているサービスの最新情報は、それぞれの公式サイトでご確認ください。
PAGE TOP